くっきーの釣りにロマンを求めて~

デカメバルにロマンを追い求め続ける二児のパパの気ままな日記。ソルト&ストリーム特集執筆中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

チニング タックルの選び方

チニングというカテゴリーが誕生してから
色々なタックル、特にロッドに関しては、
最近、各メーカーから様々な黒鯛モデルが出てきた。

たくさん選択肢が増えた分、選ぶのには一苦労してしまう。
それはそれで楽しいからいいんだけど(笑)

では何を基準に選んでいくのか?
自分なりの選び方を、ここで紹介していきます。

まず、ロッドを選ぶ為の、必要項目から
①:価格…      当然だせる予算は十人十色。もっとも重視する項目
②:Length(長さ)… どういったフィールドで釣りをするのか、水面から高い場所をメインとするのか?
              水の中に入って釣りをするのか?など、よく訪れるフィールドにあわせたり、
              自分の体格に合わせたりする
              妥当なのは8ft前後が無難
③:自重(バランス)…特にTOPゲームなどはアクションを常に行うので、疲れやすい。
             軽いのはもちろんなのだが、重視するのは重さよりもバランス。
             リールを装着してバランスを確かめて、購入することをオススメします。
④:硬さ、テーパー…チヌはルアーに対して何回もアタックしてくる魚なので、基本むこうあわせで行う。
             つまり硬すぎると、ルアーが弾かれてしまいフッキングまで至らないケースを
             招きやすい。
             そのため硬さは、M~Lあたり、テーパーはFast前後で選ぶことで、TOPからボトムゲームまで
             すべてのレンジのチヌをかける事ができる。             
⑤:適合ライン、
       ルアー…各メーカーで差はないのでここはハショります(笑)


次はリールとラインのお話を。
リールは2500番あたりが使いやすい。ギヤ比は人それぞれ好みがあるので、お好きなものを選んでください。
ラインはPE0.6号+ナイロン8ポンドを使用してます。
ここでナイロンの使用理由を説明します。
こちら↓
無題
ナイロンの特徴に注目!
水に浮きやすく、飛び、細い!
つまり、広範囲を攻めることができ、TOPの操作がしやすく、ラインが細いので魚に気付かれ難い。
ただ、ナイロンの弱点は感度ですが、前述した通り、チニングはむこうあわせなので、感度は多少悪くても問題がない。
伸縮性も、伸びやすいと言うことは、ルアーに対し何回もアタックしてくるチヌに違和感を与えにくい。
むこうあわせなので、伸びきってからでも問題なし。
以上の理由でナイロンを使用しています。

ボトムゲームはナイロンより、フロロのほうが、分はあるかも…

ルアーに関しては、過去の記事のチニングあれこれ と、
おいおい、動画にて説明予定なので、こうご期待を。
長々と書きましたが、参考になれば幸いです。
さっ、釣り行こう!
スポンサーサイト
  1. 2012/08/18(土) 22:13:24|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<エギングタックルセレクト | ホーム | チニングあれこれ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kukkiroman.blog.fc2.com/tb.php/23-f73c78b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。